生理前の便秘の原因と解消方法

生理前に便秘が起こることがありますが、その原因は、プロゲステロンという女性ホルモンの変化によるものとされています。プロゲステロンは、排卵後から生理前にかけて増えるホルモンで、大腸のぜん動運動を弱める働きをします。そうすると、体に水分が溜まることになり、便が硬くなります。生理前に便秘が起こるのは、こうした仕組みがあるからです。便が大腸にとどまりやすくなることが、便秘の最大の原因で、特に普段から水分が不足しがちの人は、生理前になると便秘になりやすくなります。生理前の便秘の解消方法としては、バランスの良い食事を摂るのが一番です。栄養が偏ったり食事量が減ると便の量が減るので、バランスよく栄養をしっかり摂ることです。朝食はしっかり食べることが大事で、起床後に食事を摂ると、便意をもよおしやすくなります。毎朝きちんと食事をすることは、ぜん動運動を促進し、排便のリズムを整えることに貢献します。食事する時は、食物繊維や乳酸菌が含まれている食べ物を意識して摂ると良いです。腹筋が弱いと便を押し出す筋力が弱くなるので、腹筋もおすすめです。全身を動かす運動は、大腸の働きを活発にしてくれるので、ウォーキングやストレッチも効果的です。